月9女優の歴代、実力を大調査!

月9に出演経験のある歴代女優を大調査!美しさの秘密にも迫ります!

武井咲

WPサイトの凍結解除が完了!バックアップの復元方法は!?

投稿日:

ついにここまできました!!

凍結からの知らせが来て、ついにXサーバーから凍結解除の連絡がきました!

でも、ここでもまた障害が!!

 

・・・・どうやってバックアップしたデータを復元させるのか!?ということ。

ネットで探しても見つからない!

焦った~、焦りました!!

ということで、メモ代わりにここに書いておきます♪

[アドセンス]

WPサイトの凍結解除が完了!

Xサーバーからきた凍結解除後のメールが♪

もう天からのお言葉のように思えましたよ。(笑)

そこには、バックアップデータでサイトを復元させ、サイトの運営を再開してもいいですよ~という内容のもの。

でも、大切なことが2つ!

 

  1. クリーンなデータで復元をさせること
  2. セキュリティ対策は万全にすること

これら2つがしっかりしていないと、再び凍結されることに!!

しかも、私はここで間違いを犯しました・・・。

私の間違ったバックアップの復元方法

クリーンなデータで復元をさせる、ということの意味が分からなった私。

そう、バックアップデータなら何でもいいんだろ!?となっていました。

しかもたまたま、凍結前日に「プラグインでとったバックアップデータ」が残っているサイトが2つありました。

だから、私が行った方法はこんな感じ。

  1. ワードプレスを新規でダウンロード
  2. プラグインでとったバックアップデータをそのまま、以前と同じドメインに復元
  3. これまで通りのサイトに元通り

と、これで解決!!

・・・・と思われたのですが、全然ダメでした!

じつはこの「プラグインでとったバックアップ」データには、不正ファイルがたくさん入っていたようです。

一つ一つ、不正ファイルと思われるファイルを消してみたのですが、ダメでした。

その後、再びXサーバーからメールが・・・・。

 

なんと!!

この復元させたサイトから「再び不正なメールが大量に送信された」というものでした。

ということは、このプラグインでバックアップを取ったファイルには、これまで通り「不正なデータ」がたくさん含まれていたから。

もうこのデータは使えないものだったのです。

 

残念なことに、復元でつまづいてしまいました。

プラグインからの復元ができないなら、どうしたらいいんだ!?

そこで、ほかの方法を見つけるために「Xサーバーに問い合わせ」をしました。

[アドセンス]

私が行った、正しいバックアップの復元方法は!?

結局、不正ファイルが含まれていたドメインは「再び削除」。

そして、一から復元をやり直すことに。

そして、復元する方法はデータベースのデータを使うことでした。

 

ここからが少し難しくなります。

頑張りましょう!!!

ざっと説明するとこんな感じ♪

  1. 旧データベースから投稿記事をエクスポート
  2. ドメインを登録、新規ワードプレスをインストール
  3. 新データベースにエクスポートしたデータをインポート
  4. FTPに画像データをインポート
  5. ワードプレスにテーマとプラグインを設定
  6. 復旧完了!

という流れです。

よくわからない・・・となりますよね。(笑)

私も最初は勘でやってました。(笑)

が、とりあえず正常にサイトが動くように取り戻せました。

ぜひ、参考にしてみてください。

1 データベースのアカウント情報を確認する

まず、データベースはどこにあるかというと、ここです!

このphpmyadminにログインをしてMySQLデータを引き出すことで、これまでサイトで投稿してきた記事をダウンロードできちゃうんです♪

すごいですよね!!

これまで、こんなところに投稿した記事が残されているなんて、知りませんでした。

ということで、まずはここにアクセスするためのアカウント情報を確認します。

今回エクスポートしたいのは旧データなので、旧データのアカウントをチェックです♪

確認する方法は、バックアップをとったファイルの中にあります。

 

バックアップでとったデータは「圧縮」されたファイルなので、ダブルクリックをしてファイルを解凍します。

そして、その中の『Public_html』を開きます。

すると、そのファイルの中にはいろ~んなデータが入っています。

その中でもひとつだけファイルを開きます。

それがこれ、『wp-config.php』です。

ダブルクリックで開くと、メモ帳(テキスト)形式で表示されます。

それがこんな感じです。

で、ここにあるアカウント情報を確認!!

少しスクロールすると、こんな記載が見つかるはずです。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘◯◯◯◯◯◯◯◯;

 

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘⚫⚫⚫⚫⚫⚫⚫⚫;

 

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘◎◎◎◎◎◎◎◎◎’);

 

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘✴✴✴✴✴✴✴✴✴︎;

ここで一番大切なのはこの3つ!!

テキストを見ていただくと、下の記号が当てはまるところにあるのがアナタのアカウントデータです。

◯:データベース名

⚫:ユーザー名

◎:データベースのパスワード

そして、このデータをさっきのphpmyadminに入るときに使います。

ドメインごとにワードプレスを自動ダウンロードするときに、「作成済みのデータ」を使わない限り、

新しいMySQLデータが作成されています。

 

どういうことかというと、ワードプレスをインストールするときに、

特に何も設定をしなければMySQLデータに新しいデータが作られるということ。

なので、ドメインごとにこのデータはあるはずなんです♪

ドメインごとにこのデータがあるので、ドメイン1つずつこの作業を行うことになります。

[アドセンス]

2 旧データベースのエクスポート

では、このアカウント情報をもとにphpmyadminへログインをします。

ログインするのはここから。

Xサーバーのphpmyadminをクリック。

すると、アカウント入力画面が表示されます。

ここに、さっき調べた旧データベースのアカウントのユーザー名パスワードを入れます。

入力すると、旧データベースに入ることができます。

ここですることは一つだけ!!

データをエクスポートします。

エクスポートボタンを押し、実行ボタンを押すだけです。

この時にファイル名を覚えておくか、 保存に支障のない範囲で名前を変更しておくことをオススメします。

どのドメインのファイルかをわかるようにしておかないと、サイトがたくさんある場合はグチャグチャになっちゃいますからね。

これでエクスポートは終了♪

めっちゃ早いですね〜!

3 ドメイン登録とワードプレスのインストール

次に、もう一度サイトを再開させたいドメインをXサーバーに登録します。

その後、新規でワードプレスをインストールします。

このやり方は、これまでドメインを登録したり、ワードプレスをインストールしてきた方法と同じです。

 

この時、一つ注意することがあります!

ワードプレスのインストール完了画面になった時に、新しいワードプレスのデータベースのアカウント情報が表示されます。

このデータベースのアカウント情報をメモしておいてください。

もしそのまま違うページに飛んでしまったら、FTPのファイルを確認してくださいね。

確認するファイルは、先ほど旧データベースのアカウントを確認した方法と同じです。

 

ちなみに、ドメインとネームサーバーがすぐに連結しない場合があるようで、時々ここで少し時間がかかることが多いようです。

私はすんなりできたのですが、もし時間がかかりすぎるようであれば、ネームサーバーの登録状況も確認してみてください。

[アドセンス]

4 phpmyadminにログイン、新データベースへインポート

登録が完了したら、新しく再登録したドメイン・ワードプレスにデータを入れていきます!

最初に、phpmyadminにログインをしてみます♪

先ほどメモをした、新データベースのアカウント情報を入力します。

データベースへ入る方法と入力する内容は、さっきと同じです。

 

こんどはデータをインポートするので、反映させたいデータを新データベースに入れるということ。

まずは、新データベースの中のデータをクリアします。

これをしないとエラーが出てうまくデータが反映されないんです。

まず、左の赤いまるで囲まれている「反映させたいデータベース」を選択します。

すると、右半分のように「データが入っている一覧」のようなものが見れるようになります。

これを全部「空にする」ので、緑の丸で囲まれているところを全て選択し、

チャックしたものを「空にする」を選択します。

 

ここで間違えて削除しないように気をつけてくださいね♪

「空にする」で大丈夫です。

そして、あとはインポートするだけ!

上のインポートボタンを押し、アップロードファイルを選択。

もちろん、選ぶのは先ほど旧サーバーからダウンロードしたファイルです。

そして、そのまま実行をするだけ〜♪

ものすごく簡単に思えてきませんか?

特にいじる必要はないので、これだけでいいはずですが、もし万が一できなかったら他のサイトで調べてみてください。(←いきなり丸投げ(笑))

 

これでほとんどがバックアップのほとんどが完了です!

最後の調整はこれ!

5 FTPで画像をインポート

FTPで画像をインポートします。

実は、データベースで旧データをインポートしただけでは「画像」が見れなかったんです。

そこで役にたつのがXサーバーからダウンロードした「バックアップ」データ。

もう忘れそうになるでしょ?このバックアップデータ。(笑)

ここで使うので、しっかりダウンロードしておきましょうね♪

 

このバックアップデータの中の画像ファイルだけをFTPにインストールします。

画像ファイルはこの順番に見つけましょう。

6 テーマとプラグインをインストール、設定

最後に!!!

今の段階では新ワードプレスにはテーマとプラグインだけが足りない状態になっています。

なので、最初にXサーバーからバックアップしたデータから、画像のデータを選びます。

最初に復旧させたいドメインのファイルを選びます。

そこにある『Public_html』を選択。

次に、『content』を選択。

すると、このcontentの中に『uploads』というファイルがあります。

このファイルが画像の入っているファイルです。

なので、このファイルをFTPの画像を反映させたいドメインの『content』ファイルにスライドしてコピーします。

画像の量によっては時間がかかります。

 

それから、一つだけ注意することがあります。

画像量が多すぎると「反映されない画像」もあります。

こうなると、地味に手作業で復活させるしかありません。

また、最初のバックアップをとっている時点でデータに含まれていないこともあります。

画像量が多い場合は、その辺はもう割り切って再度画像を入手するところから始めないといけません。

 

ただ、だいたいの場合はしっかりと反映させられるのでご安心ください♪

そして、最後にテーマとプラグインをインストールして反映させれば

バックアップの復元は完了です!!!!

 

しかも!!

テーマやプラグインは新しくインストールしても設定が削除前と同じに設定されていることもあります。

私が使っているテーマは『Alpha』と『SANGO』です。

 

『Alpha』はテーマの編集などのCSSもちゃんと残っていて、テーマをインストールしたら以前のサイトにそのまま戻りました。

でも『SANGO』の方はCSSの設定がもう一度必要でした。

テーマによって、このへんの復旧具合は変わってくるようです。

 

復旧が完了したら、一度サイトの設定状況も確認することをオススメします♪

それから、今後再発しないようにセキュリティ面での設定もしっかりしないと!と私も自分に言い聞かせながらやっています。

セキュリティ面の見直しもやってみてくださいね〜♪

<<前に戻る(削除とバックアップ)













-武井咲

執筆者:

関連記事

『貴族探偵』武井咲の衣装・部屋着のブランドは?

月9ドラマ『貴族探偵』に出演している武井咲さんが出演しているシーンで、衣装の部屋着が可愛い〜!と話題になりました。どんな部屋着だったのか?部屋着はどこのブランドなのか?ということを大公開!武井咲さんの …

no image

WPサイトが凍結された!その理由と原因は?

サーバーにサイトが403エラーで見れないことをメールで相談。 しかも、同じサーバーで運営していたサイトは全部見れなかったんです。 しかも、そう・・・土日だったのです・・・(泣)。 だからメールだけで相 …

『黒革の手帖』キャストは武井咲×江口洋介×仲里依紗!

ドラマ『黒革の手帖』が2017年に帰ってきます! そして、その主演キャストとして武井咲さんが出演! 武井咲さんとの危うい関係を持っていくのが江口洋介さん。 さらには仲里依紗さんと、かなり豪華なメンバー …

no image

WPハッキング!再発の原因は画像ファイルにあった!

なんども繰り返されるハッキング行為。 もう絶望させられます。(笑) 403エラーから始まり、初めてのサーバー凍結。 そして、バックアップから復元作業まで、初めてのことだらけで大変でした。 しかも!! …

新垣結衣ドラマ一覧、探偵ドラマはなに?

大人気の新垣結衣さんが出演しているドラマを一覧にしてみました。 その中で、新垣結衣さんが探偵ドラマにも出演しているのは何のドラマなのか?を大公開! さらには探偵ドラマを無料で見れる方法もご紹介しちゃい …